HOME > スクリーンプリント

スクリーンプリント

スクリーンプリントの事例

Tシャツへのラバータイププリント(スカル柄)

前面:ラバータイプ3色プリント

ラバータイプのインクは隠ぺい性が高いので、黒色生地に白いプリントをしても生地色の影響を受けることなく発色のいいプリントが出来ます。

ただ隠ぺい性が高い分、プリント部分の通気性は悪くなってしまいます。

Tシャツ前面への金ラメプリント

前面:スクリーンプリント「金ラメ+蛍光ピンク」

金色のプリントには「金ラメ」と「金メタル」の2種類のインクがありますので、金のプリントをしたい時はインクの指示の仕方にご注意ください。

ラメの方が粒子が粗いため、キラキラと輝きます。

Tシャツ背面へのラバープリント多色刷り

背面:ラバータイプ4色プリント

スクリーンプリントは洗濯堅牢度の高いプリント方法ですので、使用頻度の高いスポーツチームのユニフォームにもお勧めです。

細かい部分も比較的きれいに出ますが、線や隙間などは実寸で0.7ミリ以上が推奨値です。

Tシャツへのラバープリント

前面:ラバータイプ2色刷り

鹿の子生地のTシャツにラバータイプのインクでプリントをしました。

弊社では濃色生地には複数回重ね刷りをして生地色が透けないようにしています。

こちらのプリントもインクがしっかり乗っていて発色よく仕上がっています。

Tシャツへのテクニカルグラデーションプリント

前面:テクニカルグラデーション[黄→緑→青]

3色を使用したグラデーションプリントです。

淡い色を使用すると明るくきれいなグラデーションに仕上がりました。

色の混ざり具合は1枚1枚微妙に異なりますので一点もののTシャツが出来上がります。

Tシャツへの染み込み多色プリント

前面:染み込みインク3色プリント

色と色が重なっているデザインを染み込みインクでプリントすると、重なっている部分は色と色とが掛け合わさって別の色に見えます。

重なった部分の色がどのようになるかは実際にプリントしてみないと分かりませんので、詳細な色の指定は出来ません。

Tシャツへの発泡プリント

前面:ラバータイプ3色プリント+発泡(ピンク)1色プリント

猫の肉球部分とピンク色の文字の部分を発泡インクでプリントしています。

発泡インクはプリントした後に熱を加えることによってぷっくりと膨れますので、肉球のようにぷっくりとした手触りのものを再現するのに最適です。

Tシャツへの多色刷りスクリーン転写銀箔プリント

前面:スクリーン転写(銀箔)+ラバータイプ1色(バーガンディ)+ラメグラデーション

 ドクロと下のリボンの部分が銀箔のスクリーン転写、花の部分が [赤色→黄色] に変わるラメのグラデーションになっています。

銀の部分を箔で表現することで、光を反射して不気味さが増したように思います。

Tシャツへの厚盛りプリント

前面:ラバータイプ3色プリント+厚盛り1色

真ん中のアイスクリームの部分と周りの四角いトッピングと下の文字を厚盛りインクでプリントしています。

厚盛りインクでプリントすることによって存在感が増し、よりおいしそうに見えます。

スウェットパンツへのロングレッグ多色プリント

左足前面 ラバータイプ3色プリント

脚部分などの縫い目のない平らな位置であれば多色プリントは問題なくプリント可能です。

ロングレッグプリントにすることで、特大版にはなりますが、さらにインパクト大です。

スウェットパンツ後ろにヒップ&サイプリント

背面1色:ラバータイプ 白

パンツの背面にかなり広範囲のプリントが出来ますので、プリントのインパクト大です。

チームで揃えれば周りの注目もチームの団結力も高めてくれるハズ!

スウェットパンツへのロングレッグプリント

左足前面2色:黒、金箔スクリーン転写

通常のプリントとスクリーン転写プリントを組み合わせることで、より豪華なプリントに仕上げることが出来ます。

黒の部分は特殊なインクを使用することで箔がつかないようにしています。

3 / 512345