HOME > プリント・加工の種類

スクリーンプリント

ウェアプリントでは最も一般的なプリント方法で、洗濯への耐久性も優れています。
シルクプリントと呼ばれることもありますが、正式名称はスクリーンプリントです。
弊社では通常ラバータイプを使用していますので、
ラバー以外のインクをご希望の場合はその都度ご指示ください。

シートカッティング転写

プリンターを使わず、色付きのシートをデザインの形にカットして熱圧着する方法です。

小枚数でも比較的安価に製作ができるため、サッカーやバスケットボール等のスポーツウェアに番号や個人名を入れる際にもよく使われています。

シートの種類ごとにカラー展開が異なりますので、詳細はそれぞれのページをご確認ください。

またラバーカッティング転写にはナイロン製品用のシートもあります。

カラーレーザー転写

専用のプリンターで転写用紙にデザインデータを出力し、プロッターカットしてウェアに熱プレスして仕上げます。
プリンターによるフルカラー印刷ですので写真やグラデーションの表現に適しています。
基本的には白生地かカラー生地かによって使用する転写シートの種類が変わります。

スクリーンカラーレーザー転写

カラーレーザープリンターとスクリーンプリントを活用したプリント方法で、デジタル転写とも呼ばれます。
下地を選ばずどんな生地にもよく合いますので、ブルゾンやウィンドブレーカー等にもフルカラーのプリントが出来ます。

昇華転写

ポリエステル100%の白生地にのみプリント可能な加工方法です。
シートを貼り付ける他の転写プリントと違い、生地自体に色が付きますので風合いが柔らかく、通気性も損ないません。

ダイレクトインクジェット

ウェア専用のインクジェットプリンター(ガーメントプリンター)を使用してウェアに直接プリントをします。
縫い目やジップの上にもプリントが可能です。

スクリーンインクジェット

スクリーン自動回転刷り機とインクジェット機を合体させ、スクリーンプリントによる下引きの上にインクジェットプリントを乗せて、フルカラープリントの生産性を高めています。
さらにスクリーンプリントの特性を生かし、特色やアメリカンラバー・蛍光・ラメなどを刷り、プリントの幅を広げることができるようになりました。

刺繍マーキング

刺繍マーキングは、大きく分類すると「直接刺繍」「ワッペン刺繍」「ネーム刺繍」に分けられます。
会社やチームのロゴマークやキャラクターのアウトライン化されたデザインデータを刺繍データに修正し、コンピュータ刺繍機で縫込みする。
それは、職人技が光る豪華で綺麗なマーキングといえます。
ポロシャツやスウェットやワーキングウェアには、職場のロゴなどを直接刺繍をしたり、ブルゾンやスタッフジャケットにはチームのロゴを刺繍ワッペンにして取り付けることが一般的です。
会社名や個人名の場合は、書体や糸カラーを選んでシャツやブルゾンに直接刺繍をします。
数年前からは、帽子への3D刺繍が人気です。

ラインストーン

もともとはダイヤモンドの代用品として使われたライン川の水晶をカットして装飾用にしていましたが、近年は、クリスタルガラスを使用してカットしたスワロフスキー社が有名です。
その他、ガラスやプラスチックやアクリルでカットしたラインストーンがあります。

ブランドネーム

襟にポリエステルのタグを取り付けてブランド名を表現します。
「織ネーム」「プリントネーム」が代表的ですが大量製作が基本の為、近年は昇華転写による「昇華ネーム」が、小ロットから作成できるので重宝がられています。