HOME > カラーレーザー転写 > カラー生地用カラーレーザー転写

カラー生地用カラーレーザー転写

全ての色のシャツに使用できます。(白色も可能です。)

不透明なラバーシートにカラーを出力し熱圧着するため、デザインの周りに生地色に似せたフチがつきます。

仕上がりはシールを貼り付けたようなイメージになります。

濃色用カラー転写

カラー生地用カラーレーザー転写とは

カラー生地用カラーレーザー転写の特徴

  • 洗濯堅牢度は高く、色落ちなどの心配はほとんどありません。
  • デザインの余白部分に生地色に似せたフチが付きますので、ワッペンのような形状のデザインがお勧めです。

カラー生地用カラーレーザー転写の短所

  • 使い込むとひび割れや剥がれを起こすことがあります。
  • ラバーシートを貼り付けるためプリントサイズが大きいと、ゴワゴワして違和感があり通気性も悪くなります。
  • ブルゾン専用の転写シートもありますが、通常のシートよりも剥がれやすいのでお取り扱いにはご注意ください。

カラー生地用カラーレーザー転写の事例

カラーレーザー転写/カラー生地用カラーレーザー転写

ポロシャツ/ポケットの上へカラー生地用カラーレーザー転写プリント

Tシャツへの濃色用カラーレーザー転写

前面:濃色用カラーレーザー転写35cm×26cm内

こちらのデザインやエンブレム等のように比較的単純な図形で囲えるようなデザインのフルカラープリントであれば、この濃色用カラーレーザー転写がお勧めです。

鮮やかなデザインも発色よく仕上がります。

Tシャツでのフルカラープリント比較

左上:インクジェットプリント

右上:四色分解スクリーンプリント

左下:スクリーンカラーレーザー転写

右下:濃色用カラーレーザー転写

[文字:ラバープリント]

[左袖:蓄光カッティング転写]

フルカラーのプリントが可能なプリント方法でのプリント比較です。

主にはインクジェットプリントか濃色用カラーレーザー転写のどちらかになります。

1 / 11