HOME > スクリーンプリント > ネック&ボディプリント

ネック&ボディプリント

弊社で独自に開発した刷り板を使用してTシャツのリブ部分にもスクリーンプリント直接刷りが
可能となりました。
特殊技法のため追加料金がかかります。

ネック&ボディプリントとは

ネック&ボディプリント

ネック&ボディプリントの特徴

  • Tシャツのリブからボディ部分にかけてのプリントが可能です。
  • 半ラバーのインクを使用することでリブ部分に出来るインク溜りを軽減しています。

ネック&ボディプリントの短所

  • リブや縫い目の部分にはインク溜りができます。
  • リブの上側にもインクが付きますので、着用した時にリブについたインクが肌に当たる場合があります。

ネック&ボディプリントの事例

Tシャツへ染み込みインクによるネック&ボディプリント

Tシャツの首元に染み込み(レギュラー)インクでネック&ボディプリントを施しました。

縫い目やリブのデコボコした部分にはどうしてもインク溜まりが出来てしまいますが、染み込みインクを使用することにより比較的目立たない仕上がりになっています。

ネック&ボディプリント、ダイレクトネーム

Tシャツに、ネック&ボディプリントと金箔のスクリーン転写プリントを組み合わせたプリントをして、さらにネームタグのダイレクトネームを施しました。

襟元のリブや縫い目の部分は凹凸が大きいため、通常は箔が乗らない部分が目立ってしまいますが、プリント職人の技術と知恵を駆使して箔が乗らない部分を最小限に抑えることが出来ました。

 

1 / 11