HOME > スクリーンプリント

スクリーンプリント

スクリーンプリントの事例

Tシャツへの刺繍風発泡プリント

前面2色プリント:ピンク、濃いピンク (どちらも発泡インク)

ギザギザの線でデザインを作り、発泡インクでプリントすることにより、刺繍を施したかのようなプリントに仕上がります。

データを弊社で作る場合は、データ制作費が別途必要です。(デザインによりお見積り)

大体の目安としては1万円(小)~1万5千円(大)です。

 

ウィンドブレーカー背面への油性WRナイロンプリント

背面1色:シルバーメタル

消防関係向けに作成したプリントサンプルです。

ブルゾンやウィンドブレーカーにプリントをする場合は使える特殊インクが限られますが、金銀メタルインクは使用可能です。

この商品のように背中にフラシ加工のしてあるウィンドブレーカーですと2重生地の製品であっても多色プリントが出来ます。

ウィンドブレーカー左胸への油性WRナイロンプリント

左胸1色:シルバーメタル

消防関係向けに作成したプリントサンプルです。

ブルゾンやウィンドブレーカーにプリントをする場合は使える特殊インクが限られますが、金銀メタルインクは使用可能です。

Tシャツへの厚盛りプリント

背面2色プリント:ラバーの白、厚盛りプリントのゴールドイエロー

厚盛りプリントは名前の通り、インクを盛って立体感を出すプリント方法です。

使い方次第で、デザインの存在感をより際立たせることが出来ます。

ハーフパンツへのヒッププリント

背面1色:ヒッププリント

以前からダンスチームの衣装やクラブやサークルの練習着にヒッププリントが出来ないかと問い合わせをいただくことがあったため、弊社独自の工夫を凝らし、パンツのヒップ部分の縫い目をまたぐプリントが可能になりました。

ポロシャツへの多色スクリーンプリント

背面2色プリント:白、金メタル

 弊社では生地色が透けないようなプリントを心がけていますので、このような濃い色の鹿の子生地でも生地色が透けることなくしっかりとした色に仕上がります。

スウェットパンツへひび割れプリント

左足前面1色プリント:ひび割れプリント、ロングレッグプリント

ひび割れプリントは引っ張ったり着用や洗濯を繰り返すことによりひびが増え、よりヴィンテージもののような風合いになっていきます。

ロングレッグプリントは脚の部分により大きなプリントが出来ますので、遠くから見ても存在感抜群なプリントが可能です。

Tシャツへの特大プリント多色刷り(ラバータイプ)

背面2色プリント:基本インクの赤、黄緑。

特大版を使用したBIGプリント

BIGプリントはプリントオプションで、W40cm×H50cm内の大きなプリントが可能です。

通常Mサイズ以上にプリント可能ですが、ボディの種類やデザインによってプリント可能なサイズが変わりますので詳しくはお問い合わせください。

Tシャツへラメや発泡のスクリーンプリント

前面3色プリント:基本インクの赤、ゴールドラメ、ホワイトの発泡インク使用。

ゴールドラメと発泡インクはプリントオプションです。

ポロシャツへの多色スクリーンプリント

スクリーンプリント背面4色:レッド、イエロー、ホワイト、ブラックラメ

ラメはプリントオプションになります。

Tシャツへのラバープリント

シルクプリントでどの程度まで再現できるかを確認するためのテストプリントです。

枚数やカラーなどによって精度は変わってきますのであくまで参考程度にご覧下さい。

プリントする枚数が少なければある程度細い線も再現できますが、枚数が増えれば増えるほど細かい部分はインクが出なかったり隙間が潰れてしまったりしてしまいます。

通常、線の太さは0.7mm以上を推奨しています。

細かい部分の再現が可能かどうかは担当者までお問い合わせください。

スウェットパンツのヒップ&サイプリント

背面4色プリント:緑、きみどり、赤、白

ヒップ&サイプリント

ヒップ&サイプリントは弊社が独自に開発したプリント方法で、パンツのヒップから太ももにかけての広範囲にプリントが出来る上に、多色のプリントも可能です。

今までと一味違ったプリントをしてみたいと思っている方にはもってこいのプリントではないでしょうか。