HOME > スクリーンプリント

スクリーンプリント

スクリーンプリントの事例

ポロシャツへの多色スクリーンプリント

背面2色プリント:白、金メタル

 弊社では生地色が透けないようなプリントを心がけていますので、このような濃い色の鹿の子生地でも生地色が透けることなくしっかりとした色に仕上がります。

スウェットパンツへひび割れプリント

左足前面1色プリント:ひび割れプリント、ロングレッグプリント

ひび割れプリントは引っ張ったり着用や洗濯を繰り返すことによりひびが増え、よりヴィンテージもののような風合いになっていきます。

ロングレッグプリントは脚の部分により大きなプリントが出来ますので、遠くから見ても存在感抜群なプリントが可能です。

Tシャツへの特大プリント多色刷り(ラバータイプ)

背面2色プリント:基本インクの赤、黄緑。

特大版を使用したBIGプリント

BIGプリントはプリントオプションで、W40cm×H50cm内の大きなプリントが可能です。

通常Mサイズ以上にプリント可能ですが、ボディの種類やデザインによってプリント可能なサイズが変わりますので詳しくはお問い合わせください。

Tシャツへラメや発泡のスクリーンプリント

前面3色プリント:基本インクの赤、ゴールドラメ、ホワイトの発泡インク使用。

ゴールドラメと発泡インクはプリントオプションです。

ポロシャツへの多色スクリーンプリント

スクリーンプリント背面4色:レッド、イエロー、ホワイト、ブラックラメ

ラメはプリントオプションになります。

Tシャツへのラバープリント

シルクプリントでどの程度まで再現できるかを確認するためのテストプリントです。

枚数やカラーなどによって精度は変わってきますのであくまで参考程度にご覧下さい。

プリントする枚数が少なければある程度細い線も再現できますが、枚数が増えれば増えるほど細かい部分はインクが出なかったり隙間が潰れてしまったりしてしまいます。

通常、線の太さは0.7mm以上を推奨しています。

細かい部分の再現が可能かどうかは担当者までお問い合わせください。

スウェットパンツのヒップ&サイプリント

背面4色プリント:緑、きみどり、赤、白

ヒップ&サイプリント

ヒップ&サイプリントは弊社が独自に開発したプリント方法で、パンツのヒップから太ももにかけての広範囲にプリントが出来る上に、多色のプリントも可能です。

今までと一味違ったプリントをしてみたいと思っている方にはもってこいのプリントではないでしょうか。

ヒップ&サイプリント

スウェットパンツにヒップ&サイプリントを施しました。

ヒップ&サイプリントは弊社が独自に開発したプリント方法で、パンツのヒップから太ももにかけての広範囲にプリントが出来る上に、多色のプリントも可能です。

今までと一味違ったプリントをしてみたいと思っている方にはもってこいのプリントではないでしょうか。

Tシャツの抜染着抜プリント

背面3色プリント:赤、緑、抜染インク

抜染着抜プリント

特殊なインクを使用してデザイン部分のTシャツ生地の色を抜き(抜染)、さらに着色をすることを抜染着抜プリントといいます。

濃い色の商品にプリントする際は基本的にはラバーインクを使用するためどうしてもごわつきが出てしまいますが、抜染したところにプリントをする際はレギュラー(染み込み)インクが使用できますので、やわらかい仕上がりになります。

生地の色を抜くといっても真っ白になるわけではなく、生成りくらいの色味になるためヴィンテージもののようなレトロな風合いになります。

Tシャツへ染み込みインクによるネック&ボディプリント

Tシャツの首元に染み込み(レギュラー)インクでネック&ボディプリントを施しました。

縫い目やリブのデコボコした部分にはどうしてもインク溜まりが出来てしまいますが、染み込みインクを使用することにより比較的目立たない仕上がりになっています。

ネック&ボディプリント、ダイレクトネーム

Tシャツに、ネック&ボディプリントと金箔のスクリーン転写プリントを組み合わせたプリントをして、さらにネームタグのダイレクトネームを施しました。

襟元のリブや縫い目の部分は凹凸が大きいため、通常は箔が乗らない部分が目立ってしまいますが、プリント職人の技術と知恵を駆使して箔が乗らない部分を最小限に抑えることが出来ました。

 

5 / 512345