HOME > スクリーンインクジェット

スクリーンインクジェット

スクリーン自動回転刷り機とインクジェット機を合体させ、スクリーンプリントによる下引きの上にインクジェットプリントを乗せて、フルカラープリントの生産性を高めています。さらにスクリーンプリントの特性を生かし、特色やアメリカンラバー・蛍光・ラメなどを刷り、プリントの幅を広げることができるようになりました。

スクリーンインクジェットとは

スクリーンインクジェットの特徴

  • Tシャツやポロシャツ・スウェットの他、一部ブルゾンまでダイレクトフルカラープリントができます。
  • 前処理や白引きがスクリーンプリントで行われる為、ダイレクトインクジェットと比べ、生産性が高く、大口注文のフルカラープリントが比較的安価に製作できます。
  • ダイレクトインクジェットカラープリントにスクリーンプリントが加わることで、フルカラープリントだけにとどまらず、特色・ラメ・蛍光・発泡などを刷り、多彩な表現が出来ます。
  • コンサート等のイベント向け商品やアパレル商品の製作に注目されているプリント方法です。
  • 乾燥は全てプレス機を使わずヒーターで行うため、ダイレクトインクジェットプリントのようにテカリやプレス痕が残りません。

スクリーンインクジェットの欠点

  • スクリーンプリントによる白引きとインクジェットによるフルカラープリントの位置合わせや調整が難しいため、若干のズレが生じる場合があります。
  • スクリーンプリントで前処理や白引き・特色製版が必要となるため、小ロットでは割高になります。
  • インクジェットプリントの詳細な色合わせが出来ません。
  • 縫目などプリント面に段差があるところには、プリントがきれいに乗らない場合があります。
  • スクリーンプリントと比べると、インクジェットは発色や摩擦堅牢度が劣ります。
  • その都度の数量の他、大きさ・仕様によりお見積り単価が異なります。

スクリーンインクジェットの加工種類

スクリーンインクジェットの事例

キャンバスバッグへのスクリーンインクジェットプリント

片面:スクリーンインクジェット[スクリーンインクジェット白引有り+ラバータイプ+ラメ]

 「EDVAN FACTORY」の部分に白引有りのスクリーンインクジェットとラメのプリント、下のピンクの文字の部分はラバータイプのスクリーンプリントになります。

 

Tシャツへのスクリーンインクジェットプリント(白引有り)

背面:スクリーンインクジェットの白引有りインクジェット+ラメプリント

スクリーンプリント自動回転機とインクジェット機を組み合わせたプリント機によるスクリーンインクジェットプリントです。

インクジェットでプリントをした上にスクリーンプリントのラメを乗せました。

Tシャツへのスクリーンインクジェットプリント(前処理有り)

背面SIP:インクジェットプリント+(スクリーンプリント)ゴールド、シルバーラメ

一般的なインクジェットプリントはポリエステル素材にはインクが乗らないのですが、弊社で所有しているパラダイムⅡは下引きをスクリーンプリントで行っているためポリエステル100%の生地にもプリントが可能です。

またさらにインクジェットプリントと特色プリントを併用することも出来ますので、このような豪華なプリントが可能です。

1 / 11