HOME > キャップ

キャップ

キャップへの直接刺繍加工

キャップの正面と左側面に直接刺繍加工をした例です。

キャップに多色のプリントをする場合はカラー転写か刺繍加工のいずれかになります。

コスト面ではカラー転写の方が安価に仕上げることが出来ますが、刺繍加工にするとカラー転写よりも断然見栄えのいい仕上がりになります。

(※つばの部分の刺繍はもともと製品についているものです。)

1 / 11