HOME > プリント > Tシャツの抜染着抜プリント

Tシャツの抜染着抜プリント

※画像をクリックすると拡大画像が閲覧できます。

商品の仕様

加工の解説

背面3色プリント:赤、緑、抜染インク

抜染着抜プリント

特殊なインクを使用してデザイン部分のTシャツ生地の色を抜き(抜染)、さらに着色をすることを抜染着抜プリントといいます。

濃い色の商品にプリントする際は基本的にはラバーインクを使用するためどうしてもごわつきが出てしまいますが、抜染したところにプリントをする際はレギュラー(染み込み)インクが使用できますので、やわらかい仕上がりになります。

生地の色を抜くといっても真っ白になるわけではなく、生成りくらいの色味になるためヴィンテージもののようなレトロな風合いになります。

商品についてのお問い合わせ・お見積りはこちらから